企画展(2016年)

 

これらの展覧は、2016ノルマンディー印象派芸術祭の一部分です。

 

カイユボット 画家と庭師
2016年3月25日から7月3日まで

アマチュア画家・コレクターと友達としての長期スポンサーのグスタフ・カイユボットは、印象派画家チームの主要人物の一人です。その作品は、オスマン男爵パリ都市計画インスピレーションの啓発を受けており、ガーデン絵画作品のために重要な部分を寄与しています。

小ジェヌヴィリエの産業を取得する前に、同氏の最初の作品テーマがYerresの住居時期で、向こうで同氏がデラックスなガーデンと温室ハウスを建造しました。同氏の友達のクロード・モネのように、同氏は、園芸と植物ワールドへの厚い情熱が込められています。ジウェアー印象派博物館には同氏の油絵とスケッチを含む約24枚の画作が展示されており、その芸術面の成果を偲んでいます。

職務:
Marina Ferretti、 ジウェアー印象派博物館科学主任


マドリードMuseo Thyssen-Bornemisza 聯合組織での出展(2016年7月19日にてマドリードで)


 

 

セローラ パリのスペイン画家
2016年7月14日から11月6日まで

印象派の主要推進者の一人のスペイン画家としてのワーキン・セローラの作品は、1906年にパリGeorges Petitギャラリーで初めて出展され、今回のイベントは巨大な成功をおさめ、芸術家としての国際的美名を確立しました。その光効果の使いこなしで印象派画家の前位を据えるようになっています。
セローラ パリのスペイン画家の展覧会をもって、公衆に個人スタイルの確立の仕方と十九世紀の末期のパリ絵画スタイルの革新を分かってもらい、芸術家の美名を確立しています。ジウェアー印象派博物館では、風光肖像画とビーチ風光絵画を含む五十枚以上の作品が出展されています。

職務:
Blanca Pons-Sorolla、ワーキン・セローラの孫娘がその作品の名簿認証作業を担当しています
María López Fernández、 芸術歴史学者


ミュンヘンマ Kunsthalle der Hypo-Kulturstiftung (2016年3月4日から7月3日までミュンヘンデリーでMuseo Thyssen-Bornemisza 聯合組織での出展(2016年11月24日から2017年3月19日までマドリードにて)

     
 

 

クロード・モネの世界 (常設展)
2016年3月25日〜11月6日

(ホールが常時一般公開され、閉館時間:7月4日——7月13日。)

企画展の他に、ジヴェルニー印象派美術館ではクロード・モネの芸術が同時代、また後世の芸術家に与えた影響についての展示を行っています。その功績の全容はカバー出来ずとも、この展示は、国内外の芸術に影響を与えたフランスの最も偉大な芸術家のひとりであるモネにオマージュを捧げるものです。モネの芸術は、シスレー、ジヴェルニーのアメリカ人芸術家村、ジョアン・ミッチェル、さらに日本人画家平松礼二にまでインスピレーションを与えています。

.